Return to site

ホケキョ影絵芝居

インドネシア仕込みの伝統的な影絵と音楽

2019年9月2日(月)18:00開場 18:30開演

【演目】

●金魚地蔵

 もう何年も誰にもお願いに来てもらえないお地蔵様。暇を持て余して、こっそり沼に釣りに行くことにする。糸を垂れることしばし、釣れたものはなんと、電話?!ベルが鳴り、恐る恐る受話器を取ってみると...!!

 

●けらら姫と大食い象のガジャ

 けらら姫がお城で飼っている象のガジャは、もう年寄りで何の役にも立たない。それで殿様はガジャを殺してしまおうとするが、姫はガジャの体の中に立てこもって、抵抗する。殿様は様々な手を使って、姫を引っ張り出そうとするが...

 

晴琉屋フンさん プロフィール

 山形県小国町出身。京都の大学を卒業後、インドネシアに7年半住んで彼の地の伝統の影絵芝居を学ぶ。その後、せせら小梅(楽器演奏者)と組んで、ヨーロッパを大道芸で周遊した後、帰国してホケキョ影絵芝居として活動を始める。

 人形・ストーリー・音楽は全てオリジナル。独特な作品が多く、時に「ホケキョ・ワールド」と称される。

【料金】

一般(中学生以上)1,000円(定員80名程度)
小学生以下 無料

【お申込み】

申込者氏名・ふりがな・ご連絡先・電話番号(・FAX)・email

お電話、郵送またはFAXでお送りください。

■郵送先: 〒998-0074 酒田市浜松町1-5 庄内能楽館

■FAX: 0234-43-0533

【お問い合せ】

庄内能楽館

■電話: 0234-33-4568(平日10:00-15:00)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly