サイトへ戻る

令和三年(2021年) 謡曲仕舞教室

日本の伝統文化 能楽の謡曲と仕舞を能楽師が丁寧に教えます

【日程】

日本の伝統文化、能楽の『謡曲』『仕舞』をプロの能楽師が教えます

■酒田教室(庄内能楽館)

第1期: 4月19日〜20日

第2期: 9月27日〜28日

9:00〜19:00

■鶴岡教室(家中新町)

第1期: 6月28日〜29日

第2期: 11月8日〜9日

9:00〜19:00

*終了後には例年発表会を行います(参加は任意)

【内容】

稽古は謡曲・仕舞ともに1日1回。謡曲は一人または複数で1回30分前後、仕舞はお一人ずつ15分前後。
稽古の順番や日付は講師との相談の上、決定します。

*コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、オンライン稽古になる場合があります(庄内能楽館にオンライン稽古のご用意があります)

【見学・体験】

稽古の様子はご自由に見学ができます。見学料は無料。

【対象】

年齢や性別、経験を問わず、どなたでもご参加いただけます。

【講師】

宝生流シテ方能楽師 當山淳司(とうやまじゅんじ)

宝生流シテ方能楽師 辰巳大二郎(たつみだいじろう)

【受講料】

謡曲と仕舞の稽古を、各回1回ずつ行います。

参加される稽古の回数で料金が異なります。

1回:2,000円/2回:3,000円/3回:4,000円/4回:5,000円

謡曲と仕舞、稽古の組み合わせは自由です。

(ex. 1日目謡曲と仕舞、2日目仕舞のみ 合計の稽古回数3回)

謡曲の稽古参加者は、テキスト代として別途3,000円をご負担願います。

【持ち物】

・白足袋(ナイロン製等でも結構です)

・仕舞扇(仕舞の稽古参加者のみ。ない方は、無料貸与可)

【お申込み】

申込者・氏名・ふりがな・住所・電話番号(・FAX)・email・ご希望の稽古内容

郵送またはFAX, emailでお送りください。

■郵送先: 〒998-0074 酒田市浜松町1-5 庄内能楽館

■email: shonainougakukan@ivy.ocn.ne.jp

■FAX: 0234-43-0533

【お問い合せ】

庄内能楽館

■電話: 0234-33-4568(平日10:00-15:00)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。