Return to site

万作の会狂言師 中村修一先生の狂言教室 第一回[報告]

· 報告

2019年12月9日に、万作の会狂言師 中村修一先生による第一回目の狂言教室が行われました。

狂言は、人間のありのままの感情や態度を、正面からとらえて表現するので、解説や事前の予習がなくともわかりやすく、とても親しみやすいのが特徴です。

そして、クスッと面白い!じわ〜っと温かい♪

『柿山伏』より。柿の木から柿をもいで食べる「型」

狂言の世界でも、独特の身体の動きや表情で、感情のみならず外界のあらゆることを表現します。

それぞれの所作には「型」があり、それを丁寧に習得することからスタートします。

やや大袈裟にも見えますが、とことん無駄の省かれた動きで、たとえば柿をもぎ取る様子などを表現します。

写真は『柿山伏』の稽古風景です。

柿の木から柿をもいで食べる「型」とのことですが、確かに少ない動きの中に、よく表現されていますね!

万作の会のご協力を得まして、次回以降も庄内能楽館でのお稽古を継続いたします。

ご興味のある方は、まずは見学からいかがでしょうか?

 

日程についても、引き続き、こちらのホームページ等でご紹介いたします。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly