サイトへ戻る

祝賀能 連吟『鶴亀』お稽古が進行中

市民の皆さんから出演者を募集しました

· 報告

酒井家庄内入部400年記念宝生流能楽公演​-祝賀能-では、公演に先駆けて、市民の有志の皆さんによる連吟『鶴亀』を謡っていただきます。

全くの初心者の方から、長年趣味と実益を兼ねて能楽に親しんできたベテランの方まで、ハレの舞台に向けてお稽古を重ねていらっしゃいます。

お稽古の様子を、少し覗かせていただきました。

 

お子さんたちもそうですが、正面を外して座るのが、能楽らしいです。

 

この日は、袴をつけて、舞台への出入りを意識したお稽古も行われています。

 足の状態によって、椅子も利用されますが、通常は正座。舞台上でも、立ったり座ったりがあるので、扇の持ち方や足の運び、視線などが確認されています。

ひらがなで覚える『鶴亀』動画でどうぞ!子どもたちの元気な声が、当日もホールに響くことでしょう。楽しみですね。

ぜひ観にいらしてください。

酒井家庄内入部400年記念宝生流能楽公演​-祝賀能- 詳細はこちら 

祝賀能翌日の狂言・能楽体験-詳細はこちら 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。